動画配信サービスのメリットデメリットを解説!

動画配信サービスのメリットデメリットを解説! 動画配信サービスの基礎知識

動画配信サービスの利用者が増え、加入を検討している方もいると思います。
そもそも動画配信サービスには、どんなメリットデメリットがあるのでしょうか?

この記事の中で、動画配信サービスのメリットデメリットをわかりやすく解説したいと思います。

動画配信サービスのメリット

動画配信サービスには、実に多くのメリットがあります。
ここでは、5つのポイントに絞ってご紹介します。

いつでも好きな場所で動画を視聴できる

動画配信サービスは、インターネットに接続可能な状態であればテレビやパソコン、スマートフォン、タブレットから視聴できます。

そのため、出先や電車での移動時間などにも動画を観ることができます。
作品数も多く、映画やドラマ、バラエティ、スポーツなど選択肢も豊富にあります。

質の高いオリジナル作品がある

動画配信サービス会社が近年力を入れているのが、オリジナル作品の制作です。
ドラマからバラエティまでと多彩で、人気トップクラスの俳優やお笑い芸人を採用したり、海外の人気番組の日本版を制作したりとさまざまな取り組みがなされています。

品質も大変高く、地上波にも劣らない人気と知名度を獲得した作品が多数誕生しています。

定額見放題サービスがお得

ほとんどの動画配信サービスが定額制を導入しています。
毎月一定の料金で見放題になるプランで、レンタルや映画館の利用に比べてかなり安く、お得感があります(一部の作品は除外)。

最新作も楽しめる

定額見放題の「一部除外」となるのが最新作で、別途料金を支払うことで視聴できます。
PPV(ペイパービュー)という課金制度で、1作品ごとに料金を支払うシステムです。
PPVを利用することで、最新作の他にも視聴可能となる作品が増えます。

無料で試せる「お試し期間」がある

動画配信サービスは、実際に利用してどんなものか試すことができます。
無料で利用できる期間があり、期限内であればいつ解約しても費用はかかりません。
使ってみて無用なら継続しなければいいので、気軽に利用できます。

動画配信サービスのデメリット

メリットが多い動画配信サービスにもデメリットはあります。
しかし、事前に知っていれば対応できるものばかりですので、動画配信サービスを利用する前にしっかりと把握しておきましょう。

インターネット通信量が増える

インターネットを利用して視聴する動画配信サービスは、どうしてもデータ通信量が増えます。
インターネット通信費がいくらになるかとても気になるところです。

ただし、事前にインターネット環境を整えておけば心配ありません。
Wi-Fiを設置したり、料金プランを定額制にしたりすれば、通信費を気にせず動画を楽しめます。
動画配信サービスによっては、作品をダウンロードしてから視聴するという選択もあります。

作品ごとに視聴できる期間がある

動画配信サービスは、フルラインナップをいつでも視聴できるわけではなく、作品ごとに視聴可能な期間があります。
観たい作品を見逃さないよう、ある程度計画的に視聴するのがおすすめです。

まとめ:動画配信サービスのメリットデメリットを解説!

動画配信サービスのメリットデメリットは参考になったでしょうか。
時間と場所を選ばず、豊富な作品を視聴できる動画配信サービスは、事前にインターネット環境を整えておけば、とても便利で魅力的です。
無料のお試し期間で、一度利用してみるのがおすすめですよ!

コメント