動画配信サービスの支払い方法について徹底解説!

動画配信サービスの支払い方法について徹底解説! 動画配信サービスの基礎知識

お気に入りの動画を気軽に楽しめる動画配信サービス(=ビデオ・オン・デマンド、通称VODサービス)。

従来のレンタルビデオ店は店内レジでの支払いが当たり前ですが、オンラインはどの程度の相場か、実際にどう支払えばいいか、ご存じでしょうか。今回は支払い方法について、徹底解説します。

VODサービスに支払う主な費用

多くのVODサービスは原則、月額定額制です。VODサービスによって、1コインの500円以下、500円以上~1000円以下、1000円以上のおおよそ3つの価格帯に分かれます。

基本は定額見放題ですが、Huluのようにすべて見放題のVODサービスもあれば、追加料金を支払うと見られる、ペイ・パー・ビュー(PPV)と呼ばれる有料コンテンツを用意しているサービスもあります。

特に新作はPPVとなりやすいので、うっかり無料と勘違いして視聴しないように気を付けましょう。

VODサービスの主な支払方法

どのサービスもクレジットカード払いが基本設定です。しかし「クレジットカードは使いすぎないか気になる」「スマホの支払いと連動させたい」「支払いを翌月以降に持ち越さず、なるべくその場で済ませたい」という場合は、クレジットカード以外の支払い方法もあります。

VODサービスによって、選べる方法は異なりますが、通信回線事業者(キャリア)と連動していれば、携帯と同時に支払いが可能です。dアニメストアにはドコモケータイ払いが対応しています。

FODプレミアムは、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社、U-NEXTやHuluはワイモバイルも含めたキャリア4社と連動しています。

さらにデビットカードでの支払いに対応するのはdTVやHuluなど。HuluはiTunes StoreやPay Pal、LINE Payも含めて、なんと11種類の支払い方法から選べ、VODサービス随一の対応の幅広さが特徴です。

支払い料金の請求・更新日

VODサービスによって、支払い日が異なります。Huluの支払い日はサービスへの登録日ですが、U-NEXTやdTVは1日から月末までで計算します。後者は月の途中でも同じ月額料が必要になるので、登録するなら1日など、月内の早めの日にちをおすすめします。

また、どのVODサービスも無料視聴期間を設けていますが、無料期間でも支払い先の登録が必要です。ただしFODプレミアムは、会員登録をせずに1カ月間、無料体験できます。

まとめ:動画配信サービスの支払い方法について徹底比較!

いかがでしたでしょうか。VODサービスによって、支払う金額・方法・時期に違いがあることがご理解いただけたと思います。自分に合った支払い方法を選べるVODサービスで、動画をもっと気軽に、とことん楽しみましょう。

コメント