レオナルド・ディカプリオ出演の名作映画ランキング【ベスト7】

映画・動画ランキング

1997年に公開されたレオナルド・ディカプリオの代表作となった映画、タイタニックは日本でも一大ブームを巻き起こしました。
沈む豪華客船を舞台にして描かれる身分違いの恋愛劇に、世界中が熱狂しました。
今でも根強いファンがいる不朽の名作となっています。

「タイタニック」の世界的な大ヒットがきっかけでレオナルド・ディカプリオは日本でも「レオ様」と呼ばれ、親しまれるようになりました。

ここでは、今や世界的なスターの地位を不動のものにしているレオナルド・ディカプリオの名作映画ベスト7を紹介します。

7位:タイタニック

冒頭でも少し紹介した不朽の名作、タイタニック。物語は1912年のアメリカ行きの豪華客船「タイタニック」の中で展開されていきます。
今となっては古い映画のため、手に入りにくいという方も多いのではないでしょうか。
2012年にタイタニック3Dとして新たにリメイクされ、悲哀に満ちた恋愛模様に涙したという声が多数寄せられました。
U-NEXTでは初期バージョンのタイタニックを見放題で視聴することができます。

6位:ギルバート・グレイプ

1993年に公開された作品で、レオナルド・ディカプリオが知的障害を背負う少年を演じます。
その兄としてジョニー・デップが主演として登場しています。
今や世界的スターとなった二人がまだ若かったころに出演していた映画ということで、見ておきたい映画です。

1980年~90年代のアメリカの片田舎に暮らす人々や、その情景が細やかに描写されています。
全体として派手なアクションもなく、のんびりとした空気間の中で
これからの生き方を模索していくのが物語の主軸になっています。

レオナルド・ディカプリオやジョニー・デップのこのころから光る演技力は必見です。

5位:キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン

2002年に公開されたキャッチ・ミー・イフ・ユーキャンでは、レオナルド・ディカプリオが実在の天才詐欺師を演じます。
スティーヴン・スピルバーグ監督が手掛けた映画ということもあって大きな話題を呼びました。

ある時は医師、またある時は弁護士などと変幻自在に姿を変えるレオナルド・ディカプリオが繰り広げる天才的詐欺師の手腕は、
実に鮮やかです。緊迫感漂うシーンも多く、重く、暗い過去を持つ主人公の心情が伝わってきます。

4位:インセプション

他人の脳に侵入し、情報を奪い合ったり、植え付けたりするような産業スパイをレオナルド・ディカプリオが演じます。
その具体的な方法は、他人の夢に侵入することです。この奇妙なアイディアを実際に映像化し、見事に表現しているところが
大きな注目を浴びました。

クリストファー・ノーラン監督の手掛けた作品ということでも一目置かれています。

3位:華麗なるギャッビー

1920年、好景気真っただ中のアメリカで、謎めいた大富豪ギャッビーを演じているのがレオナルド・ディカプリオです。
戦後の好景気にアメリカンドリームを夢想した当時の世界観の中で描かれる人間模様、
絢爛豪華な衣装といったところが見所です。

同名タイトルの小説を原作として描かれているので、小説を知っている方には特に人気があります。

2位:レヴェナント・蘇りし者

1823年のアメリカ北西部を舞台に描かれる映画であるレヴェナントでは、
レオナルド・ディカプリオが主人公ヒュー・グラスを演じます。

殺された息子の復讐のために数々の難所を切り抜けていくサバイバルは見るものを飽きさせません。

1位:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオが人気絶頂期を過ぎたテレビ俳優を演じます。
60年代アメリカのどこかノスタルジックな雰囲気が流れる映画です。
実際に起こったハリウッドの闇とされている殺人事件が背景に描かれ、ブラックユーモアにもあふれた作品になっています。

まとめ:レオナルド・ディカプリオ出演の名作映画ランキング【ベスト7】

2020年のレオナルド・ディカプリオはイケオジと称賛する声もあり、いい具合に中年の風格と威厳を醸し出すようになっています。
若いころから最近の作品まで、通して鑑賞してみるとレオナルド・ディカプリオの変化をたどることができます。

沈みゆく豪華客船タイタニックでの恋愛映画から天才詐欺師、スパイなどありとあらゆる役柄を演じてきたレオナルド・ディカプリオの今後の活躍にも期待したいですね。

レオナルド・ディカプリオの映画はU-NEXTでも見放題、またはレンタルで見ることができます。
U-NEXTの料金・評判・特徴を徹底調査!のページを参考にしてください。

コメント