アマゾンプライムビデオの料金・特徴・評判を徹底調査!

動画配信サービス一覧(VOD)

アマゾンプライムビデオはアマゾンのプライム会員特典の一つです。
私もアマゾンはよく利用するので、プライム会員特典としてアマゾンプライムビデオも利用しています。

ここでは月額500円ほどのアマゾンプライム会員費で楽しめる、
アマゾンプライムビデオのメリット、デメリットを中心に、料金、特徴、評判について書いていきます。

アマゾンプライムの特徴

アマゾンプライムビデオは国内オリジナルドラマが豊富に配信されており、TVのCMでも度々紹介されています。今なら香取慎吾主演の「誰かが見ている」が面白いと話題になっています。

アマゾンプライムビデオは、アマゾンプライムミュージックや、
対象のアマゾン電子書籍が読み放題のアマゾンプライムリーディングといったサービスも併せて、
月額500円のプライム会員の特典として利用できます。

一見豊富なジャンルの作品が見られるように見えますが、新作や人気の話題作は100円~500円でレンタルで視聴する作品が多く、
500円のプライム会員費用の範囲で見ることができる見放題対象作品はあまり多くはありません。

新作の映画やドラマよりも、
アマゾンプライムオリジナルのドラマや映画、バラエティの更新頻度が高く、数も多いというのがアマゾンプライムの特徴です。

アマゾンプライムビデオは1か月の無料体験があるので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

アマゾンプライムビデオの料金プラン

アマゾンプライムビデオの基本料金は月額500円ですが、
年額払いで申し込むことで年1回払い4900円となり、年間1100円も割安になります。

さらに、学生限定で加入できるアマゾンPrime Studentに申し込めば、通常は1か月の無料体験期間が6か月になり、
有料会員になってからは半額で利用できるという特別サービスがあります。

そのうえ、アマゾンで購入できるすべての書籍の購入につき10%のポイント還元が受けられます。

高価な本もよく読む学生なら、アマゾンPrime Studentはかなり助かるのではないでしょうか。

※ただし、学生と言っても小中高校生は対象ではなく、日本国内の高専、大学、専門学校、大学院に在籍している学生が対象です。
そして在籍を証明するために学籍番号または学校発行のメールアドレスが登録の際に必要になります。

アマゾンプライムビデオの解約方法

アマゾンにログインし、アカウントサービスのページへ行くと、
プライムというカテゴリーが右上のほうに表示されています。

プライムのページから、プライム会員の料金の支払い方法やコースを変更したり、
解約することができます。

アマゾンプライムビデオの評判

アマゾンプライムビデオの評判を良い点・悪い点をそれぞれまとめました。

良い口コミ

・オリジナル作品が多い。

・対象デバイスが多い

・ダウンロード機能がある(アマゾンファイヤTVでは非対応。PCやスマホなどで利用した場合の機能)

・プライム会員特典が多い

アマゾンプライムビデオはアマゾン通販を利用するすべての人にとって便利な、アマゾンプライム会員の特典の一つです。

アマゾンプライム会員に登録することで、
月額500円プライムビデオが見られるだけでなく、

アマゾン通販でのお急ぎ便・日時指定が無料になったり、
プライムミュージックの音楽聞き放題、プライムリーディングの対象電子書籍読み放題
Amazon Photosでの写真の保存が容量無制限で可能などの多くの特典が受けられます。

アマゾンプライム会員であれば、注文した商品が早く届くだけではなく、
プライムビデオをはじめとした多くの特典が受けられます。
プライム会員の特典はその他にもありますので、確認してみてください。

そして、アマゾンファイヤTVスティックを利用してTVで視聴する方法や、
PCやスマホ、タブレットにゲーム機などと対応デバイスが多いこともメリットです。

視聴するだけならファイヤTVが便利ですが、
ダウンロードしてオフラインでも楽しみたい方はPCやスマホからであれば、
対象作品のダウンロードが可能
です。

悪い口コミ

・新作や話題作に限ってレンタル作品が多い

・見放題対象作品の数が少ない

・洋画は吹き替え版が少ない

・CMが入るのがうっとおしい

・ダウンロードもできるが、ダウンロードした作品は30日以内に再生し、視聴を開始してから48時間しか再生できない等といったルールが厳しい。
(48時間経過後はもう一度オンラインで視聴できます)

アマゾンプライムの動画はオリジナルには強いですが、他社の動画配信サービスであるような新作の見逃し配信はありませんし、
見放題対象作品は割と古い作品が多く、数も少ない
です。

そのコンテンツ不足を補うように、他社の動画配信サービスもプライムビデオチャンネルの中から選び、
別途追加料金を払って利用することができます。
例えば世界の歴史エンターテイメントチャンネル
dアニメストアなど、多くのチャンネルがあります。

ただし、プライムビデオを経由せず、各動画配信サービスを直接利用しないとみられない作品やコンテンツ、特典もあります。
そして、プライムビデオを経由してチャンネルを追加すると、その分だけ月額料金が上乗せになるので利用のしすぎには注意しましょう。

まとめ アマゾンプライムビデオの料金・特徴・評判を徹底調査!

アマゾンプライムビデオはアマゾンプライム会員の特典の一つとして利用するにはとても便利です。

追加料金が発生しない見放題対象作品の数はレンタル作品よりも少ないですが、
アマゾンプライムビデオのオリジナル作品の数がどんどん増えてきています。

また、洋画は吹き替え版が少ないという評判は、
字幕がないと日本語でも聞き取りにくい難聴の方には大きなメリットです。

いつものアマゾンでの買い物を便利にしてくれる、アマゾンプライムの特典の一つとして、
アマゾンプライムビデオを楽しんでみましょう。

コメント